*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

生野銀山を後に、「姫路城」へやって来ました。
P6044721.jpg
さすが世界遺産のお城です、観覧料とかでなく「入城料」と記されています。
読み方は一緒でも、「入場料」じゃないんですね(笑)
IMG_20190604_132255.jpg
以前、遠目で見たときは「平成の大修理」の最中で、大天守が構造物で覆われていました。
P6044725.jpg
この構図、よく時代劇などで使われている気がしますが、どうでしょうかね~?
P6044733.jpg
こんなの釣りたい(笑)
P6044740.jpg
大天守内を内覧中に視線を上に向け梁などに目をやると、細い突起物が出ているのがわかります。
この突起は「火縄掛け」などと呼ばれ、火縄銃の縄や火薬などを掛けておいたものと言われています
いざという時、引っ張っても折れるように竹で作ってあるんだそうです。
P6044741.jpg
これは火縄銃や槍などをかけてあったようですね。
世界遺産なので、目立たないようにさりげなく防火設備が設置してありました。
ノートルダム大聖堂のような火災が起こらない事を祈りたいです。
P6044750.jpg
狭間から外を見るとこんな感じ。
こんなとこから狙い撃ちなんて、ぞっとしますね。
何度も言いますが、今の時代でよかった(^^ゞ
P6044752.jpg
城内の広場にあるこの「お菊井戸」、有名な「播州皿屋敷」に出てくる井戸だといわれています。
う~ん、ここから出てきたのか!(>_<)
P6044753.jpg
覗き込んでみると結構深かったですね~、水面が分かりませんでした。
P6044735.jpg
漆喰の白い色が青空に映え、とても綺麗でしたが、とても残念なことが!
それは、天守内は一方通行でスムーズに見学できましたが、そこでちょっと疑問が。
一方通行という事で、階段が上りと下り用の2ヶ所あるんですね。
そんなのある訳ないじゃないか!変だぞ?
近くの係員さんに訊ねると・・・
「昭和の大修理の時、観光客の便宜を図るために無断で作ったそうです」
「国は直ぐに現状復帰をせよ!と言ったらしいですが、観光客が減ったら元に戻します・・・と」
「で、結局そのままになっています」とのこと。
誰がどのように決定したのか知りませんが、それはないでしょう(-_-;)
何百年か後の「○○の大修理」の時には、不便でも是非元に戻してもらいたいものです。


P6044763.jpg
その間駐車場待機のともゴン、公園内は散歩OKなのでやっと城へやって来れました。
P6044767.jpg
城をバックに、いつものように揃わない視線。
P6044765.jpg
まだまだ暑いので、散歩の後は木陰で時間を潰し、“歩け歩け”はひと休み。

時間潰し?・・・実は4日は亜希ママの誕生日で、当日だと格安で泊れるホテルがあるんです。
で、今回予約したのが「ホテルリブマックス姫路駅前」で、宿泊料金はなんと1円です。
しんどい草刈りの翌日に出かけると、最終日にホテル泊。
1日休養して出かけると、初日にホテル泊。
どっちかというと、疲れの溜まる最終日ホテル泊のほうが良いかな~?と思ったのでした。
でも1円で泊れるのは亜希ママ一人で、後の者共は今夜も亜希子号ホテル泊です(>_<)
P6044761.jpg
散歩の後、車を地上の別の駐車場へ移そうかとも思いましたが、そのまま地下の方が涼しいかなと思いそのままに。
でもそれが大失敗なのでした。

ホテルへ着いて居酒屋を尋ねると、すぐ近くに屋台風な美味い店があるとのこと・・・
その辺りへ行って、ここかな~?でも名前がちょっと違うな~と思ってると、店員さんが「何名さまですか?」と聞いてきた。
まっ、ここでも良いか!
座った席の後ろは壁も戸も無く、普通に人が歩いています。
P6044769.jpg
狭いカウンターに座ると、でん!とキャベツの突き出しが出てきました。
見た目以上になかなか美味しいドレッシングでしたよ。
P6044770.jpg
明石ダコじゃなく姫路ダコ(笑)ですが、これが一番美味しかったです。
P6044771.jpg
盛り合わせはいたって普通な物。
P6044776.jpg
画像はありませんが、から揚げその他揚げ物は美味しかったです。
P6044775.jpg
これだけは冷え加減以外は全国共通ですね。
今日もよく歩いたので、いくらでも飲める・・・おっと、私だけ駐車場また歩いてへ帰るんだった(-_-;)
P6044773.jpg
間違って入っためちゃくちゃオープンな店でしたが、その分めちゃ安だったので「まぁまぁ ええやないっすか」^^

さてさてしこたま飲んで、じいさんだけとぼとぼ歩いて帰り、亜希子号で寝たのですが
昨夜の蚊が何処からともなく現れるし、おまけに遅くまで暑いので数時間おきに目が覚めるはめになってしまいました。
駐車料金の1500円とホテル代金1円では、圧倒的に1円の勝利ですね。



亜希ママの迎えの前に、朝さんぽです。
今朝もはよから“歩け歩け”です。
P6054778.jpg
姫路城を時計回りにぐるっと一回りします。
P6054782.jpg
東から・・・
P6054787.jpg
北から・・・
P6054795.jpg
西から・・・
周りには美術館や博物館などがあり、公園も整備されているので犬散歩にはとても良い環境でした。
P6054801.jpg
ぐるっと周って公園内へ・・・


ホテルへ迎えに行き、次に「倉敷美観地区」へ・・・と思っていたのですが
今日も暑くなりそうなので美観地区は次だと、瀬戸大橋を渡り、うどん県経由で帰ることにします。
P6054802.jpg
与島PAで一休み。
P6054808.jpg
お昼の1時間しか食べられない、坂出の「日の出製麺所」
P6054806.jpg
次の店もあるので、かけうどんの小をたのみました。
うどんが入ったどんぶりが来るので、自分でポットから出汁を注ぎ、キッチンバサミでネギを切って頂きます^^
P6054809.jpg
次に帰り道沿いにある「上戸うどん」
100円うどんでした??
P6054810.jpg
こちらも自分で出しを入れますが、その時ハプニングが!
出汁を注いでいると、2匹のハエが飛んできてなんと暑い丼の中へダイブしたんです(@_@)
熱い出汁の中でもがくハエ・・・“飛んで出汁に入る夏のハエ”
「すみません、こうなったんでもう一杯下さい」
会計では「悪いけど100円だけ下さい」とのことでした。
私には出汁がちょっと塩辛かったかな。
涼しくなったら、またうどん巡りしよっと。

やっとこれで終わりですヽ(^o^)丿
長ったらしいレポを読んでいただきありがとうございました。


スポンサーサイト

竹田城を攻め落とし(ただ登っただけですが)、次に向かうは姫路城なり!
しかし、今は時の利我にあらず!
ならば暫し軍資金を調達すべし!
・・・という事で、「生野銀山」へやってまいりました。

なにせでござる、門番がいて厳重な警備で、入るにも法外な通行料が・・・いや、入場料¥900でした(^^ゞ
受付で“ペット連れOK”だという事を初めて知り、急いでともゴンを連れに行きました(^^ゞ
入場して「^ェ^の足洗い場」という看板が目に付き、なんでかな?と思いました。
P6044655.jpg
正面が坑道の入口ですが、平日のせいか誰もいません。
P6044656.jpg
「さあ入ろう!」とした時何かを察したのか、怖気ずくともゴンでした。
坑道の中はひんやり涼しく(13℃らしい)、その寒さかあるいはいにしえよりの怨霊か?・・・(-_-;)
中は薄暗くてピンボケ気味ですm(__)m
P6044657.jpg
入ってすぐ、照明にコウモリがぶら下がっていました。
どっちが頭か良く分かりませんが、生コウモリは初めてかな?
P6044669.jpg
「父ちゃん、なんか怖くない?」
P6044667.jpg
「ボク、外で待っていたい」
・・・というセリフを入れてみましたが、当たってるかな?
P6044662.jpg
お酒の熟成庫なる所があって、このお酒、売店でも売ってるそうな・・・ヽ(^o^)丿
P6044665.jpg
横にはワインも眠っていましたよヽ(^o^)丿
なんとも粋な生野小学校じゃないですか!
でもね、きっとアルコールなど受け付けない子もいるんですよ。
P6044673.jpg
熟成庫とは別に、ワイン専用の横穴もありました。
たくさん眠ってましたよ^^
P6044683.jpg
こんな狭いとこ怖いですよね。
P6044686.jpg
鉱脈にそって地下深くまで掘り進んでいくと、こんな具合に。
じっと見てると吸い込まれそうです。
P6044688.jpg
このような近代装備をしてても、私のような軟弱者には無理でしょうね。
P6044676.jpg
そして、もう銀は採れないんですね~、ちょっと残念。
その他、地下深く掘られた縦穴や、作業員を送り込む機械など色々展示してありました。
P6044692.jpg
突然、滝みたいに轟々と流れ落ちる水・・・“・・みたい”じゃなく、まさに「滝」ですね。
P6044704.jpg
「父ちゃん、だれかおるよ」
P6044703.jpg
所々に当時の作業姿のマネキンさんが展示されています。
そのマネキンさん、今アイドル化してるそうです・・・よく分かりませんねえ。
P6044705.jpg
などと歩くこと約1000m、やっと出口です。
「ふ~、やっとでた~!」
「あ~空気がうまい!」
P6044706.jpg
外に出てともゴンを見ると、足もお腹回りもドロドロに汚れているじゃないですか。
なるほどと、そこで足洗い場の存在に納得いきました。
泥汚れみたいでしたが、鉱石交じりで直ぐに綺麗に洗い流せました。
P6044711.jpg
そして“天日干し”です(笑)
P6044712.jpg
天日干しを兼ね坑道入口横にある山上階段を上って行くと、江戸時代の露天掘り跡が見られます。
残念ながら「まむし注意」の看板で、直ぐに引き返しました(笑)

余談ですが、黒沢映画「七人の侍」に出演した、「志村喬」さんをご存知ですか?
生野町生まれだそうで、「志村喬記念館」というのがありました(寄らなかったけど)

軍資金調達に失敗したまま、次に向かうは本日の目的である「姫路城」攻めです。

寝苦しい暑さと蚊に悩まされながら、気が付けば熟睡しておりました(^^ゞ

目が覚めると、“ともこシート”を抜け出してコンソールボックスの上で寝ている犬が・・・
「おいおい、わざわざそんな狭くて固いとこで寝んでも・・・」
P6044595.jpg
朝一の散歩では、すぐ近くの広~~い芝生エリアで、誰もいないことを良いことにフリーで走らせ・・・いや、歩き回るだけでした(^^ゞ


竹田城跡への駐車場、「山城の郷」駐車場へは20分ほど、6時過ぎには着きました。
当然車は数台、売店など開いてません。
お城の見学は、早起きじいちゃんにとって嬉しい6時からなんです。
雲海シーズンの秋は4時からだそうで、そうすると暗く寒い中を歩かないといけませんねえ。
P6044601.jpg
これからてくてく40分ほど歩きます。
この先、バス&タクシー専用と従業員用の2ヶ所の駐車場がありますが、犬連れは歩かなければいけません。
P6044600.jpg
舗装はしてあるし早朝なので車も通らないし、お気楽に道草も食えます(笑)
P6044606.jpg
歩き始めて20分ほどで、売店もある従業員用の駐車場下まで登ってきました。
ちょうど中間地点といった所でしょうか。
P6044641.jpg
こんな標識が所々にあるので、「あともう少し・・・」などと思いながら登っていきます。
これは急病人が出た時に、上からヘリコプターで救助するか、下から救助隊が行った方が早いのかを判断するためだそうです。
P6044609.jpg
P6044614.jpg
途中にはあちこちによくある、いわゆる「落ちない岩」なるものがあったり・・・
P6044617.jpg
やっと城跡登り口の“関所”へたどり着きました。
こちらで観覧料¥500を納めると、登城が許されるんですね^^
P6044620.jpg
やっと着いたぞ!と思ったら石段が・・・
「山城」なので“当たり前田のクラッカー”!です←分かる人はまずいないでしょう(笑)
P6044621.jpg
経路や広場には黒い地面保護シートが張ってあります。
ちょっと興ざめですが、史跡保護のためには致し方ない事でしょうね~。
P6044629.jpg
石垣が崩壊して危険な箇所には、安全のための木製の階段が設置されています。
P6044631.jpg
「何もないというのもエエね」
P6044630.jpg
さて、よく紹介されている雲海に浮かぶ「天空の城」とは・・・ここかな?
本当は向かいの山にある「立雲峡」からの眺めが有名ですが、雲海シーズンでもなし、マムちゃんも怖いのでパス!です。
P6044642.jpg
先ほどの中間地点の駐車場にあった写真と見比べてみました。
これは「あんじーの日記」のパクリです(^^ゞ
雲海の時期は綺麗でしょうね~。
P6044633.jpg
しばし下界を見下ろしててふと気が付くと、立ち入り禁止な場所にアホな犬が立ち入ってたり・・・
P6044635.jpg
こんな急峻な山頂に城を築いて、それをまた攻め落として・・・昔に生まれてなくて良かったなぁ~^^
とりあえず登城できたので、そろそろ下城することにしましょうかね。
P6044640.jpg
帰りはこんな階段を道路まで一気に下ります。
そしてもと来た道をまた、てくてく30分。
P6044644.jpg
駐車場まで帰ると交通整理のおじさんが、「水道もあるし、そこの広場で遊ばせたら良いよ」ということで、ゴンゴン放牧!
遊ぶというより、うろついていました(笑)


この後、姫路城の見学予定なんですが、時間的に早すぎる・・・
こんな時時間調整にと調べておいたある場所へ向かいます。
長くなるので・・・・・・・・・つづく!

前日の草刈りの疲れを引きずりながら、鳥取経由で天橋立まで足を伸ばします。
今回は、時間はたっぷりお金はすっからかんなので、一般道で向かいます。
P6034575.jpg
下道は古ナビに逆らって道に迷っても、高速と違ってどこででもUターン出来るので気が楽です(笑)
鳥取港にある「かろいち」で軽くお昼にし・・・
P6034577.jpg
・・・暑いけど散歩。
ゴンは高いとこ怖いから、飛び込む心配はありません(笑)

これより天橋立へ向かいますが、以前も来たことがある「鳥取砂丘」や「あまるべ鉄橋」などはパス!
鳴き砂で有名だという「琴引浜」も、駐車料金が\1000らしいので“すっからかん”はパス!
「鳴き砂」ってあちこちあるんで、ここじゃなくても良いだろうと考えたのでした。
IMG_20190603_155243.jpg
さて天橋立ですが、無料駐車場があるのをご存知でしょうか?
「知恩寺」の駐車場が17時以降無料というのはよく知られていますが、傘松公園側に小さいながらあるんですよ^^
その目の前に、早くも「令和」を冠したカフェがありましたよ・・・やること早いネ!
P6034579.jpg
さてさて、無料駐車場から歩き始めますが、3.6キロあるんですよ。
往復7キロ以上・・・(@_@)
P6034582.jpg
暑いので、ともゴンのきれいなベロが出っ放しですね(笑)
でも大丈夫です、持参の水以外にも途中何箇所か水道があるので、そこで喉を潤すことができます。
P6034584.jpg
「ここの水は美味いでぇ~」
P6034586.jpg
プラプラしながら1時間ほどで「知恩寺」へ着きました。
この知恩寺は、前回の朝散歩で散々歩き回ったので、御朱印だけを頂きました。
P6034589.jpg
この知恩寺の北側、ボート乗り場の傍にある「知恵の輪燈籠」です。
「この知恵の輪を3回くぐれば文殊の知恵を授かる」という言い伝えがあるそうですが、ちょっとくぐるのは大変ですね。
ゴンだけでも通したかったな~(笑)
P6034591.jpg
さて、もと来た道をてくてく引き返しますが、その途中にある「磯清水」です。
「名水」とあるので飲んでしまいましたが、後で調べると飲用不可とか(^^ゞ
女性2人連れも飲んでましたけどね(笑)
P6034592.jpg
5時半頃の夕方のせいか人通りもほとんどありません。
通勤通学路に利用されてるようで、時折自転車が・・・道端にライトがあったけど、夜は怖いよね。


予定では「智恵の湯」へ入って「知恩寺」横の駐車場で車中泊の予定でした。
が、明日は「竹田城跡」へ登城の予定なのでまた歩かなきゃ!・・・山道を4、50分歩くらしいです(-_-;)
という事で、できるだけ涼しいうちに行こうと、少しでも近くの「道の駅やくの」まで足を伸ばして泊りました。
さすが6月、暑いし蚊は飛んでくるし・・・でも、疲れて直ぐに寝てしまいました。

                                                    つづく


先日2日は地区内の溜め池周辺の草刈りでした。
草刈機を扱うのは初めてだったので、最初に色々教えてもらってスタートです。
皆さん現役バリバリなので、刈るスピードの速いこと早いこと。

123456.jpg
みんな仕事柄当然軽トラ所有なので、移動は親しい人に乗せてもらってます。
青いのがホームセンターなどで売っている素人用のマイ刈機(\16000)で、赤いのがプロ用で値段も倍以上するようです。
役員任期の3年持てば良いので、それで良いんです!・・・でも、竿かリールが買えたな~(^^ゞ

IMG_20190602_111656.jpg
各所の溜池周りが刈り終わったら、毎年地区で植えられているコスモス畑の草刈りです。
初めてなので余計な力が入っているんでしょう、手が痺れました(笑)

この日は昼前にはポツポツ雨模様でしたが、翌日からは晴れの予報・・・ならば行くか!
ということで筋肉痛もなんのその、翌日には早起きして遠足に・・・近日中にUPします。

<亜希子>


名前:亜希子…女の子
誕生日:1999年5月8日

力の衰えを感じながらも、ファミリーの女王の座を守ろうと必死の毎日です

2013年7月26日虹の橋へと旅立ちました。 私を応援して下さったみなさん、ありがとうございました。 残った ともことゴンを宜しくお願いします。

<ともこ>


名前:ともこ…女の子
誕生日:2005年9月15日生まれ

亜希子から唸られゴンからはちょっかいを出され、いつも貧乏くじのともこ・・・でも愛嬌たっぷりです

<ゴン>


名前:ゴン…男の子
誕生日:2006年11月1日

持ち前の体力をもてあまし、あちこちに発散させてみんなに敬遠されています