*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

PB072120.jpg
道の駅近くの「杉並木公園」を早朝散歩
123_20171115082730cbc.jpg
車でも走れるみたいですが、やっぱり歩かんとね~

11233.jpg
続いて華厳の滝はスルーして、「湯滝」の観瀑台へ
名前からして温泉が流れてるのかと思ってましたが、そうでもなさそうでした(笑)

次は、ここから金精峠を越し沼田方面へ向かうのですが、途中の道路状況掲示板には
「雪・凍結」の文字が・・・(>_<)
どうやら2日前の雨がこちらでは雪だったようです(スタッドレスに履き替えときゃよかった)
PB072176.jpg
日陰では一部アイスバーンのところが有りましたが、なんとか安全運転で下ってきました
ここは今回の滝シリーズ(笑)の締めくくり、「吹割の滝」です
PB072178.jpg
前回は夕暮れで歩けなかった遊歩道
PB072188.jpg
上から見ると滝の全体像が良く分かります
PB072199.jpg
滝シリーズに加え、階段シリーズでもありました(笑)
PB072206.jpg
遊歩道の傍の流れが半端じゃありません
PB072209.jpg
PB072211.jpg
こんなとこ、ゴン様を連れてなんて恐ろしくて歩けません
落水事故もたびたび起こっているそうで、白線から出ると注意されます
当然、ともゴンは車内待機でした


次は草津・・・超スピードで旅行は続きます
PB072220.jpg
西の河原露天風呂入り口・・・横の小川に流れているのは温泉です
PB072224.jpg
その小川が集まったところには足湯があります
PB072222.jpg
この日は草津のホテルへ泊って、ゆっくり湯もみショーを見学して、翌朝志賀草津道路を走って・・・と思ってましたが、なにせ国道最高地点を通るルートです
道路状況が心配なので西の河原露天風呂に入っただけで草津観光は終了です
写真をさっと撮った後出ようとすると、「撮影禁止」の張り紙・・・盗撮してしまいましたm(__)m


PB072235.jpg
志賀高原の草津白根山火口展望台から「湯釜」
以前通ったときは立ち入り禁止だったと思います
PB072241.jpg
PB072244.jpg
渋峠ホテルで「日本国道最高地点到達証明書」なんてのを購入したかったのに、なんとこの日は休業!
臨時休業か冬季休業か知らんけど、せっかく来たのにな~


112233.jpg
りんご畑を見ながら山を下り、善光寺さんへお参り
PB072276.jpg
PB072264.jpg
参道を歩いてみたのですが、ほとんどの店が店じまいをしててお焼きも食べられず・・・
お焼きさえ食べてたら、この日帰っていたかも?
PB092412.jpg
皆さんには、この商品に見覚えのある方が多いのではないでしょうか
八幡屋礒五郎というお店の商品で、善光寺の門前にお店があります
七味だけでン百年・・・大したものです
ちょっとしたスーパーや高速SAなどにも置かれていますが、せっかくだからと本店で購入しました^^

この日は勝手知ったる「角上魚類」で肴を仕入れ、「東和田情報ステーション」で車中泊

続く・・・次回でお終いです^^
スポンサーサイト


【】
新東名のSAで車中泊されたのですね。
けっこう眺めがいいところですよね。
富士山の裏表から千葉、群馬と
温泉、風光明媚な場所などエネルギッシュに
まわらたのですね~~。
ともゴンもお疲れ様でした。
わが家も車中泊の練習をしてみようかなと、
そんな気になってしまう旅行日記でした。^^
【mikihanaさんへ】
静岡SAは山の中のような雰囲気でしたよ、でも沼津は良いらしいですね。・・・いつか(笑)
往復の距離を考えると、つい欲張ってあそこもここもってなってしまい、走行距離がいつも伸びてしまいます。
車中泊は宿代をケチるのと、じっとしておられぬ落ち着きの無さから、ついついぎりぎりまで走ってしまうからなんですね。
一度くらいの経験で宜しいのではないでしょうか(笑)
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















<亜希子>


名前:亜希子…女の子
誕生日:1999年5月8日

力の衰えを感じながらも、ファミリーの女王の座を守ろうと必死の毎日です

2013年7月26日虹の橋へと旅立ちました。 私を応援して下さったみなさん、ありがとうございました。 残った ともことゴンを宜しくお願いします。

<ともこ>


名前:ともこ…女の子
誕生日:2005年9月15日生まれ

亜希子から唸られゴンからはちょっかいを出され、いつも貧乏くじのともこ・・・でも愛嬌たっぷりです

<ゴン>


名前:ゴン…男の子
誕生日:2006年11月1日

持ち前の体力をもてあまし、あちこちに発散させてみんなに敬遠されています